ローコスト住宅なら憧れのマイホームを低予算でゲット

良質な低コスト住宅を造る

模型

シンプルな構成

ローコスト住宅、といってもただ単に安ければよいかというと、そういうわけにもいきません。住宅として基本的に押さえておきたいのは、構造体の性能や品質です。福岡のローコスト住宅でも、ここのレベルは落とせません。家を形づくる構造体の形式で代表的なものは、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の3種類あります。それぞれに特長がありますが、ローコスト住宅を実現する目的で選ぶなら、木造がおすすめです。ローコスト住宅という点で比べてみると、鉄筋コンクリート造の構造体は、鉄筋、コンクリート、それを形づくる型枠といった複数の要素からできているので、福岡でも簡単にコストを落としにくい構造になっています。それに加えて家の重量が重くなり、福岡の地質条件によりますが、家を安定して支えるために地盤改良を行ったり、支持杭を打ち込んだりするコストが加算される場合がでてきます。一方、鉄骨造の構造体は鋼材と構成はシンプルですが、使用する鋼材を選ぶ範囲は、規格材の中で限られるため、やはりコストを落としにくい構造体なのです。その点、木造の構造体は木材と、構成はシンプルな仕組みになっており、さらに使用する木材の選択肢の幅が、無節の銘木材から構造用積層材まで樹種からサイズに渡って広く、予算に合わせてハイコストにもローコストにも対応できるところがメリットです。また、木造の家の重量は、鉄筋コンクリート造の約4分の1と軽いため、福岡の地盤改良などの費用を抑えられるのも魅力です。